これに乗ってたんです…。

日々
07 /22 2015

http://sp.mainichi.jp/select/news/20150718k0000e040193000c.html


2015.07.17.

金曜日は瀬田でレッスン。

台風11号が接近中。

明日は東京でライヴ。

1台のバンに機材とメンバーが乗り込み、夜中に向かう予定。

待ち合わせ場所は自宅最寄駅に24時。


いつもなら22時までレッスンだが、最後の生徒さんはお休み。

台風の影響でJRのダイヤはすでに乱れている。

早い目に店を出て瀬田駅に着いたのが21時半。

しかし、電車来ず。

22時に京都駅まで各駅停車の新快速が瀬田駅に臨時停車。

「これならなんとか間に合いそうやな…。」

後の方が空いているだろうと12号車へ。

まだ空いている席がちらほらあったので座る。


京都駅からかなりたくさんの人が乗ってこられて車内は満員に。

京都駅を出発…。

避難勧告の緊急メールが一斉にあちこちで鳴り出す。

「なんだ?」


と思っていたら長岡京駅と山崎駅の間で停車。

高槻駅の雨量計が規制値に達したので、とアナウンス。

23時ちょうど頃。

動き出すのを待つしかない…。

でもまだ、なんとかなるだろう、と思っていた。

ふと見ればとなりの阪急は動いている。



がしかし、予報によりますとこの雨量が2・3時まで続くと見られ…とのアナウンス。


一瞬車内がざわめく…。


これはやばいなと思い、すぐ合流するはずのメンバーにとりあえず連絡。


避難勧告のメール音がポロポロとあちこちで鳴る中、隣を走り抜けていく阪急がうらやましい。

待つしかないので待つ。


たまにアナウンスが入る。

阪急とJRでは雨量の規制値が違う為…とか。

一度、きっと車掌さんがマイクを持ったまま応対したのだろう、お客さんとの会話が車内に流れた。

前方の山崎駅にはサンダーバードが停車し、後方の長岡京駅には後の新快速が停車していて、僕らの新快速は駅からあぶれているようで、動かしようがないらしい。

24時…。

とうとう運転手さんからもアナウンスがあった。

雨の為動かすことが出来ません…と新しい情報はなかったが、これは大変なことになったなと…。


1時…。

メンバーに先に行ってくれ、と連絡。

明日、新幹線で一人新宿に向かうことになった。


車内は静かだ。

避難勧告メールがたまに鳴る。

若い人は会話している。
さすが元気だ!!

でも他のみなはきっと朝から大変だった人たちだろう。

疲れた顔で黙って待っている。

僕はまだ座っているからいいが、立っているお客さんは大変だ。

その場に座り込む人もたくさん出てきた。


急病人がいらっしゃる為救急搬送をおこないます、とのアナウンス。

何人もいるようだ。


2時…。

雨が降り続く車外に人影が。

救急隊員が来た。

車内が慌ただしくなる。

気分の悪い方はいませんか?と声をかけながら車掌と救急隊員がいったり来たり。

この救急搬送が終わらなければこの車両を動かすことは出来ない。


そうしてやっと車両が動き出した。


ゆっくりと山崎駅へ。

でもホームに入ったのは先頭からの8両ほどで、扉も車両につき1箇所しか開かない。


たくさんの人達が先の車両に移動。

僕も移動してホームに降りてみた。


前方には後4両ほどをホームに着けているサンダーバード。


一つのホームに新快速とサンダーバードが着いているので珍しいと思い、雨の中スマホで撮影。


始発から動き出すのかと考えていたが、降り続く雨。

この辺りで携帯のバッテリーが切れる。

駅のベンチで座ってた。


4時半になって、阪急大山崎駅に動き出すたくさんの人たち。

阪急の始発に乗るみたい。

JRはいつ運行するのかわからないので、僕も阪急大山崎駅に移動。


しかし、駅の券売機は長蛇の列。
駅員もいない。


出来るだけ早く自宅に帰りたいのだが…。


目の前の道は古い街道。

この道は自宅に続いている。

西へ8Kmほどあるが、歩けば2時間か…。


もし阪急も動かない時はこれしかない。


考えていても時間は過ぎる…。

とりあえず、雨の中を隣の島本に向かって歩き出す。

古い街並みを選んで西へ。

30分ほどでJR島本駅。

やっぱり動いていない。


阪急水無瀬駅へ。

人は少ない。

動いていそう。

待つこと20分で徐行運転の各駅停車がやってきた。

「動いてる電車はいい!」


乗り込んで自宅に着いたのは6時半頃。



「新宿にいかな…。」



続く…。





追伸
ここにあげた写真をツイッターでつぶやいたら鉄ちゃんにリツイートいっぱいされました…。

そしてめざましテレビからもメッセージが来ました。

番組でこの写真を使う許可をいただきたいと。

もうめんどくさいので返事はしてません…。













ありがとうございますm(_ _)m


スポンサーサイト

川辺ぺっぺい Peppei Kawabe

 1967年1月26日。京都市生まれ。A型。高校生の頃よりエレクトリックベースを始める。大学入学と同時に本格的なバンド活動を開始。関西のライブハウスを中心に活動し、様々なコンテストでも高い評価を得る。山田晴三氏に師事。様々なジャンルの音楽に精通し、数多くのバンド、ユニット、セッション、アーティストサポートで活躍中。またベースプレイだけではなく、作詞・作曲もこなすクリエイティブなアーティストとして活躍。楽曲の提供だけではなく、自らもシンガーソングライターとして活動している。Fuji Rock Festival'03に出演。Cuba Disco'04(キューバ最大の音楽フェスティバル)にキューバ政府の招待により出演。JEUGIA彦根店(ヤマハPMS)JEUGIAフォーラム御池(京都)、RITZ楽器(瀬田)、トリイ楽器(近江今津)、VOCH(ヴォーチェ)(長浜)等でエレクトリックベース・ウクレレのレッスンも行っている。