2006/08/18/FRI

ライブ
08 /22 2006
 明けて18日。

 《土着民》の皆さんと合流して、群馬県六合村(くにむら)の標高1500mに位置する野反湖に向かいます。〔2006野反湖フィールドフォークコンサート〕に参加する為です。《OWL》は今回でもう三回目になるんですが、実は僕は初参加。遠いぞ、野反湖!!

 麓の道の駅「六合」に到着。まずは近くの温泉へ。向かったのはこちらの「湯の平温泉松泉閣」です。山道を下り、吊橋を渡り、山道を登り、旅館で受付を済ませ、また山道を下るとそこには露天風呂が!うひゃひゃ!気持ちいい!しかし、また山道を登って、下りて、吊橋を渡り、山道を登って道の駅へ帰ると汗だくに!そこで道の駅に併設されている「応徳温泉くつろぎの湯」にも浸かるのでした。

 ここで合流した《我夢土下座》さん達を加えて、「お宿花まめ」にて皆さんで晩御飯!鮎やら朝鮮人参やら美味で幸せ、僕は特にお蕎麦の実が入ったお味噌汁が気に入りました。

 食事(というより宴会に近かった…?)も終わり、《中川イサトwith武蔵野レビュー》チームや東京方面から来た参加者の方達と合流。「お宿花まめ」に泊まられる《土着民》さん、《我夢土下座》さんとは一時ここでお別れして、野反湖の会場へ。

 真っ暗な山をずんずん登って到着!きれいな景色が広がっているはずだけど、真っ暗で何も見えない。気温もかなり低くて息も少し白い気が…。出迎えてくれたスタッフの方達や、もう会場入りしている出演者のみなさんと前夜祭が始まる!さっきもこんな感じだったんだけど、でもスタッフ手作りの食事がおいしいので、また食べて、また飲んで、野反湖の夜は更けてゆくのでした…。

 《土着民》大棟梁さんのブログにこの日の様子が詳しく書かれています。写真もいっぱいあるので是非こちらも覘いてみてください!
 
スポンサーサイト

川辺ぺっぺい Peppei Kawabe

 1967年1月26日。京都市生まれ。A型。高校生の頃よりエレクトリックベースを始める。大学入学と同時に本格的なバンド活動を開始。関西のライブハウスを中心に活動し、様々なコンテストでも高い評価を得る。山田晴三氏に師事。様々なジャンルの音楽に精通し、数多くのバンド、ユニット、セッション、アーティストサポートで活躍中。またベースプレイだけではなく、作詞・作曲もこなすクリエイティブなアーティストとして活躍。楽曲の提供だけではなく、自らもシンガーソングライターとして活動している。Fuji Rock Festival'03に出演。Cuba Disco'04(キューバ最大の音楽フェスティバル)にキューバ政府の招待により出演。JEUGIA彦根店(ヤマハPMS)JEUGIAフォーラム御池(京都)、RITZ楽器(瀬田)、トリイ楽器(近江今津)、VOCH(ヴォーチェ)(長浜)等でエレクトリックベース・ウクレレのレッスンも行っている。