11/23 PANDEMIC 満員御礼…♪

日々
11 /30 2009
この日の前日に最終リハーサル。
やっとメンバー9人全員が五年振りに集合。

その一曲目。

音にすべて出る、とよく言いますが、この日のこの一曲目の感触は、きっと一生忘れないと思います。

その音に何が含まれていたかと言いますと、

まず、以前のバンドで過ごした日々がぎっしり詰まっていました。
あの時間は濃密だったんだなと、そしてその時間はメンバーそれぞれの胸の奥に、しっかり大切にしまってあったんだなと、改めて解る、そんな音でした。

そして、以前のバンドがバラバラになったその後、その後の五年間、メンバーそれぞれが様々な音楽の現場に立ち、それぞれの音を出し続け、一回りも二回りも成長したその五年分も、誰一人欠けることなく、そこにちゃんとありました。

メンバーにしかわからない感触なのかもしれません。
でもその感触を共に感じているこの9人は、確実にバンドで、圧倒的でした。

23日の関係者のみなさま、日本中から集まってくれた満員のお客さま、そして、僕の一言から集まってくれたメンバー、本当にありがとうございました♪

これから、この9人の塊を世界中に撒き散らして行きます♪

次回は12/28、名古屋で♪

http://www.myspace.com/pandemic9
スポンサーサイト

川辺ぺっぺい Peppei Kawabe

 1967年1月26日。京都市生まれ。A型。高校生の頃よりエレクトリックベースを始める。大学入学と同時に本格的なバンド活動を開始。関西のライブハウスを中心に活動し、様々なコンテストでも高い評価を得る。山田晴三氏に師事。様々なジャンルの音楽に精通し、数多くのバンド、ユニット、セッション、アーティストサポートで活躍中。またベースプレイだけではなく、作詞・作曲もこなすクリエイティブなアーティストとして活躍。楽曲の提供だけではなく、自らもシンガーソングライターとして活動している。Fuji Rock Festival'03に出演。Cuba Disco'04(キューバ最大の音楽フェスティバル)にキューバ政府の招待により出演。JEUGIA彦根店(ヤマハPMS)JEUGIAフォーラム御池(京都)、RITZ楽器(瀬田)、トリイ楽器(近江今津)、VOCH(ヴォーチェ)(長浜)等でエレクトリックベース・ウクレレのレッスンも行っている。